2015年05月06日

不思議な神社

20150506215438379.jpg

 JRと京成の佐倉駅の真ん中くらいで見つけた権現社。
 あまり見たことないものと思いますが、いかがでしょう。

 権現というのは本地垂迹説の考えの一つで、神々は仏が人々を救うためにわかりやすい姿をしたものとされています。

 明治維新の神仏判然令からの廃仏毀釈で、権現社・権現宮・権現堂が廃止、あるいは神社や寺になりました。

 という事で、初めて見ました。

20150506215548026.jpg20150506215608221.jpg20150506215629325.jpg

 加えて境内にあったこちらも初めて見ました。

20150506215702213.jpg
虫神?


posted by 九十九屋さんた at 21:59| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

麻賀多さまのこと

よく神話で、特性が似ていると、同一視されて、統合される傾向が有ります。ギリシャ神話では各地の主神の神話はゼウスに統合されたり、日本ではさまざまな勇者がヤマトタケルの名で呼ばれたり。
20150505234017538.jpg

こちらの麻賀多神社を見たとき、その話を思い出しました。

 祭神は稚産霊とされています。実のところ、あまり神話のない神様です。ただ、お稲荷さま、豊受姫の母にあたるので、存在感はあります。

20150505234042695.jpg
 麻賀多神社は印旛沼周辺にしかなく、おそらく豊穣をシンボルとした女神だったのではないかと。それが似た要素でなおかつ独自性を保てるところで現在のようになったのではないかと

20150505234111765.jpg
20150505234135207.jpg
20150505234157308.jpg

なかなか今を生きている神社なんで機会がありましたら
posted by 九十九屋さんた at 22:57| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ニセモノ博覧会 そして

 大ニセモノ博覧会にいってきました。これは珍しい博覧会で、偽物が展示されています。

 しかしながら、実際みなさんが博物館にいった際に写真撮影が許されているものがあると思いますが、だいたいそれは本物ではありません。
 本物でないのに展示されているそういったものは何なのでしょうか?
 
 という事を考える展示ですが、私のような門外漢がみますと、刷りがどうとか線が生きているといわれてもはてという感じでした。自分が強く感じたのは結局、お金のために作るんだなって・・・
とはいうもののおもしろい展示でした。五月六日までですが時間があれば。

 妖怪関連の方におすすめしておきたいのは、なんといいましても
人魚のミイラなのですが、常設展示にもこれはというものがあります。

 妖怪にライトをあててまとめた展示もあるのですが、むしろ関係ないところもみていただきたい。

 そんな一つが呪詛といいますか、発掘された呪具です。

20150505221447689.jpg
20150505221534392.jpg

そして柳田國男、折口信夫といった人たちの行跡も簡潔によくまとめられています。
20150505221555791.jpg

あとこの女の子がいつもかわいいと思います
20150505221654720.jpg
 
posted by 九十九屋さんた at 12:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

 赤べこのまだら



 10月ですね。実りの季節で、食べ物がおいしいですね。今年は夏が暑く台風等があったので庭のクリがほとんど先に落ちてしまって悲しい限りです。
 ここ最近、デング熱の話をよく聞きます。割合、子どもの頃に名前をおぼえたのですが、ずっとテング熱だと勘違いしていまして、思い込みというのは恐いと思いました。
 
 さて前回に続き疫病神の話ですが、特に多いのは疱瘡神です。疱瘡というと、馴染みがないと思われるかもしれませんが、疱瘡というのは天然痘の事でして。既に絶滅宣言が出て何十年も出ているので、知らない方も多いと思いますが、非常に死亡率が高く、日本の歴史でも何度か流行っております。古くは、仏教が初めて日本に入った時に流行、国の神が異教の教えを受けた事を怒り流行らせた。奈良の大仏造営も藤原氏の重鎮が次々と疱瘡で亡くなったのが原因の一つと言われています。
 そんな疱瘡神とはどんなものかというと、夫婦の神であり、裳神と呼ばれたといいます。一件の家にとどまらずに、多くの患者を出すことがわかっているので、町ぐるみ、村ぐるみで疱瘡避けのお祭りが行われたり、神として祭られました。この辺りですと江戸時代にも流行った為に、メインに祭られている神社は少ないですが、神社や寺などで集められた石碑の中に見ることができます。
 赤い物が苦手という伝承は、今でも残っています。例えば、会津地方に伝わる赤べこです。疱瘡神は赤い物を嫌うとされました。その斑点は子供がかかる疱瘡をあらわし、子供の身代わりになるといわれたのです。
posted by 九十九屋さんた at 21:06| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

高円寺で本日までのゾンビ展と、しばらくつづく『週末妖怪秘密基地』にいってきた 他

 昨日は、久々に都内にいってきました。今年に入ってから謎の頭痛が続いてまして(通院中)で、仕事先と家のほぼ往復だったので。


 まずはメインの目的である高円寺。
 高円寺で
ゾンビ展 http://tamagonokobo.com/
ギャラリーたまごの工房様で行われたゾンビの展覧会にいってきました。
大人気で、やはり平日で早めにいかんといけないと思った次第。

茶柱立太さん個展『週 末 妖 怪 秘 密 基 地』  http://mijincodou.jimdo.com/
みじんこ洞さんという、おいしいご飯どころががありまして、そこの三階にあるギャラリーでした。
こちらは開始そうそう行き過ぎて準備中!
このような素敵な展示でござった。
IMGP0172.JPG

IMGP0173.JPG


その後、
高円寺をふらふらとして買わないと誓っていたはずの本を二冊買いました。
鬼神についての本と、ユダヤの伝説の本を。

新宿
ラストバーゲンに行ったのに、新しいものに目が行くというパターンを踏む。

秋葉原
部品買いにいったんですが、目的のものがなく帰宅。
しかし、地元の本屋で揃ってなかった
『柳田国男コレクション
http://www.kadokawa.co.jp/yanagitakunio/』があったので購入しました。重かった。

久しぶりに電車長くのるとつかれますね。


来週の土曜日は南荻窪の一箱古本市に、日曜日は幕張メッセのワンフェス5−03−12「下流木乃伊工房」さんににいる予定です。

妖怪モチーフの鞄。少し持って行く予定です。希望があればツイッターや、
https://twitter.com/tikutaku
コメントいただければと思います。
posted by 九十九屋さんた at 15:12| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

妖怪ビブリオ開催のお知らせというか〆切

 ビブリオバトルというのをご存じですか?
 五分間の持ち時間を持って本の紹介をする知的バトル。そして、読みたくなった本(=チャンプ本)を投票して決定する。
 それの妖怪版でするのが妖怪ビブリオバトルなのです。

第一回目の際に『魔界と妖界の日本史』にする自分。
http://www.youtube.com/watch?v=QRjp1gA0k_E&feature=share&list=PL420318FD28C1001F

 そんな第伍回の妖怪ビブリオバトルが金曜日20時から阿佐ヶ谷で行われます。
 お時間がある方はいかがでしょうか
http://www.ibuliz.com/youkaibibliobattle/2012/09/kiss-cafe-2a6f.html
 〆切は今夜ですぞ。


 さて、昨日の妖怪卸河岸。2時過ぎには完売していました。どうもありがとうございます。
 そして、もし妖怪ビブリオに参加される方で鞄が欲しい方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。
妖狐
youko.jpg

白澤大
hakutakunitigetu.jpg

白澤小
hakutakusyo.jpg
 こいつらなんかがございます
posted by 九十九屋さんた at 21:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

10/21(日)妖怪オンリー!妖怪卸河岸(ようかいおろしがし)にいってきます

★10/21(日)妖怪オンリー 妖怪卸河岸(ようかいおろしがし)!!
場所:高田馬場シミズオクトクリエイティブスタジオB1F全体
http://www.shimizu-group.co.jp/studio/access.html
時間:12:00〜17:30
入場料:200円

 に、妖怪トートバッグを出します。出すのは、こいつら
新作は
妖狐
youko.jpg

白澤大
hakutakunitigetu.jpg

白澤小
hakutakusyo.jpg

 あとはいくつか残っているものを持って行く予定です

posted by 九十九屋さんた at 17:57| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

明日のコミケは

西そ14b「とらんす脂肪酸芸妓組合」さんに間借りさせていただく予定でございます
posted by 九十九屋さんた at 01:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

お化け縁日 おしらせ

お化け縁日 2012年7/15(日) (13:00〜17:00)  会場:深川資料館通り商店街3丁目路上  九十九屋でバックとか出します

https://www.dropbox.com/sh/lj0f4hhfz8wfl6r/j7YuGCetLI

シリーズのほとんどが出る予定であります
posted by 九十九屋さんた at 00:15| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

デザインフェスタにて、「田中良平・式」四階I−59・60さんでトートバックなどおかしていただくことになりました 

 5/12・13 ビッグサイトにて開催のデザインフェスタにて、「田中良平・式」四階I−59・60さんでトートバックなどおかしていただくことになりました。
 切り絵や、ミイラなど面白いものもあるので、ついでに見に来てくださればと。

 バックは一つ千円です。

1 うたた寝 
livepreview.jpg

2 愛してる
愛ある.jpg

3 真昼の月
清月.jpg

4 夢中
蝶の夢.jpg 
posted by 九十九屋さんた at 18:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

妖怪トートバッグ発売中

追記:ありがたいお話でコミケの時に1抜かして完売しました。どうもありがとうございます。


 どれでも1000円です。
 欲しい方は連絡いただければ幸いです。

1
livepreview.jpg

2
bagu1.jpg

3
妖怪バック3.jpg

4
妖怪バック4.jpg

5
妖怪バック5.jpg

posted by 九十九屋さんた at 20:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

全部で300ちょいだった

逢火
青女房
赤岩将監
赤舌
赤赭熊
赤手児
赤殿中
垢嘗め
燈無蕎麦
悪路王
足洗い屋敷
足長
小豆洗い
小豆計り
遊火
安宅丸
化野燐
姉取池
油取り
荒井良
蟻鞍の婆
後追い小僧
油赤子
油瓶の鬼
油ずまし
灯油取り
油嘗め
天狐
天探女
天逆毎
天日子
網剪
雨女
雨降り小僧
天降女
荒俣宏
委蛇
生霊
縊鬼
生邪魔
猪笹王
異獣
磯女
磯天狗
磯撫で
磯姫
鼬寄せ
一目五先生
一目連
一貫小僧
一反木綿
五つ塚の怪女
一本ダタラ
縊鬼
以津真天
飯綱
犬神
隠神刑部
犬外道
遺念火
井上円了
猪笹王
否哉
牛鬼
牛御前
宇蛇
後神
後目
打綿狸
姥火
宇婆
産女
海座頭
有夜宇屋志
温羅
蟒蛇
雲外鏡
炎駆
江馬務
襟立衣
煙々羅
猿猴
炎帝
煙羅煙羅
御出狐
笈の化け物
応声虫
応竜
大禿
大煙管
大嶽丸
於菊虫
送り提灯
刑部姫
長冠
和尚魚
白粉婆
鬼一口
朧車
親白眼
折口信夫
陰魔羅鬼
睚眦
解豸
貝児
開明獣
海難法師
火烏
角端
隠しん坊
隠れ座頭
角端
影女
影鰐

賢淵
火車
花神
風魂
火鼠
化蛇
片足上臈
片輪車
桂男
禍斗
金霊
蟹鬼
花魄
鎌鼬
叺親爺
髪鬼
髪切り
紙舞
亀姫
傘お化け
烏天狗
川赤子
河媼
河鍋暁斎
加牟波理入道
元興寺
元興神
岸涯小僧
加牟波理入道
鬼市
鬼車
吉弔
吉量
鬼童丸
九嬰
窮奇
共工
僵尸
九尾の狐
狂骨
京極夏彦
清姫
金烏
金華猫
金長狸
瘧鬼
経蔵坊狐
刑部狸
伐木坊
衢州三怪
管狐
熊倉隆敏
不喰女房
蔵坊主
形天
渓嚢
計蒙
毛有毛現


倩兮女
幻獣
五位鷺の怪
蚣蝮
小右衛門火
姑獲鳥
虚空太鼓
古庫裏婆
古戦場火
五体面
蠱雕
五通神
琴古主
子取り
子泣き爺
小松和彦
狐者異
五徳猫
衣蛸
昆明鬼
西王母
西岸良平
囀石
逆柱
索冥
栄螺鬼
座敷童
佐藤有文
猿鬼
三尸
山精
山東京伝
山魅狐
汐吹
四凶
七人同行
七人ミサキ
七歩蛇
治鳥
東雲騎人
芝右衛門狸
蛇骨婆
邪魅
蚩尤
囚牛
修陀
重箱婆
朱厭
酒虫
酒呑童子
朱の盤
充面
樹木子
嫦娥
椒圖
精霊田
精霊かぜ
女郎蜘蛛
燭陰
白川縫殿
白容裔
心火
人面瘡
水虎
鈴彦姫
砂掛け婆
脛擦り
青蛙神
瀬女
殺生石
瀬戸大将
仙狐
仙狸
藻居
叢原火
双睛
相柳
息壌
袖引き小僧
算盤坊主
大太郎坊
頽馬
高女
多田克己
蹈鞴入道
妲腸
玉藻前
袂雀
丹亀
千々古
嘲風
提灯火
猪口暮露
塵塚怪王
衝立狸
月岡芳年
付喪神
辻神
土蜘蛛
槌転び
恙虫
氷柱女房
釣瓶下し
釣瓶火
手洗い鬼
鉄鼠
天井下
天井嘗
饕餮
豆腐小僧
飛銭
共潜き
鳥山石燕
百々目鬼
泥田坊
生首茸
浪小僧
波蛇
難義鳥
為何歟
肉吸い
為憎
二恨坊の火
入内雀
滑瓢
塗壁
塗仏
濡れ女
猫神
根岸鎮衛
寝脂
野槌
野鉄砲
野寺坊
野衾
白娘子
白蔵主
白澤
橋姫
馬肝入道
盤古
贔屓
貔貅
引亡霊
飛頭蛮
火取魔
日野巌
飛縁魔
火間虫入道
飛代路理
平田篤胤
風狸
文車妖妃
藤澤衞彦
二神山
二口女
船幽霊
震々
彭侯
望天吼
頬紅太郎
骨女
蒲牢
舞首
魔子翁
真平
松谷みよ子
松浦静山
豆狸
万年竹
見越入道
水木しげる
三眼猿猴
身の毛立
蓑姥じょう
宮田登
無支祁
村上健司
滅法貝
面霊鬼
百々爺
魍魎
目々連
蒙古高句麗
薬缶吊る
安長姫
柳田國男
家鳴り
山口敏太郎
八岐大蛇
山田野理夫
山地乳
山童
遣ろか水
湯本豪一
与謝蕪村
雷奇獣
雷獣
擂木鳥
六右衛門狸
轆轤首
脚布脱
姫魚
輪入道
posted by 九十九屋さんた at 18:34| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

白澤トートバック、デザフェスで発売予定

 氷泉さんの絵が素敵すぎて、自分用に作ってみたトートバックが好評だったので、いくつか作って見ました。

 土曜日から国際展示場で行われますデザフェス34 田中白澤トートバックなど出します良平さんと式水下流さんのブース C-174,175 「田中良平・式」さんの一角を借りて初蔵出しする予定です。


大 1000円 
livepreview.jpg


小 1000円
bagu1.jpg
ボールペンとセットになります。

 あと大の方は作っている会社のフェアでこの値段にしているので、今後は造らないと思いますのでよろしければどうぞ。
posted by 九十九屋さんた at 21:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

妖怪の話をしてきました

ナレーターや、声優をしている輿ひかりさんのユーストリームに付き合って妖怪の話をしてきました。

自分の姿は観るに耐えないと思いますから話だけで聞いてみてね。
http://ustre.am/ylXr
posted by 九十九屋さんた at 09:20| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

そういえば初めて人前で妖怪の話をするな

ナレーターや、声優をしている輿ひかりさんのユーストリームに付き合って妖怪の事を話す事になりました。
 普通のカフェで、予約とか特にいらないのでお時間ある方はどうぞ。っていうか、きてください(泣)
 できれば前の方に座って、硬直して読み込み不能になっている自分にアドバイスを。

smooth cafe
JR、井の頭線、銀座線渋谷駅
住所 東京都渋谷区宇田川町32‐6長崎ビル2F
http://www.hotpepper.jp/strJ000805312/map/?vos=nhppalsa000013
http://www.soulsmoothcafe.com/blog/

 内容の予定

・妖怪ってなあに?
・御薦めの妖怪スポット
・変化していくばけもの


 来れない方はこちらで配信されてるんで見てね。ああ、見なくても開いているだけでもいいけどもw
http://ustre.am/ylXr
posted by 九十九屋さんた at 00:34| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

勝五郎憑き

【勝五郎憑き】《嘘八百》人に憑くとされる怪。多くは多々良勝五郎の著作で魅了され、本人に会うことで、取り憑かれる。本人と過ごす以上に、会話中に飛び交うことになる。なお、勝五郎自体はその形態から福神とされており、大先生もお気に入りという。

 妖怪研究家の多田先生に魅了された人物を見ていると、そういう妖怪を仮定しないといけないと思うくらいの、勢い。
 まあ、須らく恋をするというのはそういうものかもしれませんが。
posted by 九十九屋さんた at 10:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

妖怪蘊蓄8月まとめ

2011年08月31日(火)
『「男」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です。
実写のねずみ男は映画版の大泉洋が記憶に新しいしいが、昭和終盤にフジテレビで放映された実写版では竹中直人が演じたことがある。
posted at 20:50:21

2011年08月29日(月)
『「天候」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です
一目連は片目の竜である。天目一箇神と同一視される。一箇神は製鉄の神であり、鍛冶で鍛えた吹子の腕前で風を吹かすなどという伝承はない。
posted at 00:36:51

2011年08月27日(土)
『「子供」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。
隠れん坊をしている子供を攫う妖怪 油取り 隠しん坊 隠れ婆 叺親父 子取りぞ
posted at 00:14:03


2011年08月24日(水)
『「食」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です。
人を食う妖怪は赤子の鳴き声を真似る事が多い

それは人間の擬態ということなのだろうけれど、完全に人の姿を真似る夜叉などに比べると、ああ動物って感じがする。人間の形をしたものが、人間を食べると、カニバリズムの変形なのかとも思うが、三才図会にも食材として人が載る程だから、わざわざ妖怪にする程のこともない。

仏教が入ってきたから肉食良くない。まして人肉よくないなんて風になったのかとも思う


2011年08月22日(月)
『「匂い」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。
ガラッパにつかれた時や、獲物を盗まれた時は、生臭いにおいがするからすぐわかるそうだ。


2011年08月19日(金)
『「植物」についての妖怪の蘊蓄を3ツイートで呟いてください』です。
河童と言えばキュウリです。かっぱ寺として有名なあるお寺の紋がキュウリの断面っぽいです。

あとかっぱ寺といっているのは浅草のかっぱ橋にある有名なお寺の事を言っているのですが、神奈川にもそういうあだ名の寺があるので一度確認にいってみたいものです。

実際は櫛田神社の祇園宮の神紋にもなっている木瓜(ボケ)の花のようにも思えます。これは祇園宮以外でも水天神系の神社では見られるものです。そう考えていきますと、かっぱのキュウリづきというのは、こちらから発想したようにも思えます


2011年08月18日(木)
『「動物」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください 』です。
 ガラッパは雀より少し大きい鳥であるという話もある


2011年08月17日(水)
『「特撮」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です。 http://t.co/NzhMQKc 妖怪から江戸を守る白獅子仮面。作ったスタッフが必殺仕事人と一緒なので、ガチ時代劇っぽいです
 と思わせておいて、数分で出てくる妖怪にちょっとがっかりしますが、一度くらいは見ても良いかと。ちなみに三ヶ月で打ちきりですので全部で10話ちょいです



2011年08月13日(土)
『「火」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。
最近の印象深かったもの http://t.co/ye2c9QS
posted at 10:08:42



2011年08月09日(火)
『「色」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。
赤エイは思っている程赤くも大きくもない。どうして大きいと思われたかは、エロが出たときに話すことにする



2011年08月08日(月)
『「里」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。
とある旅行会社で妖怪の里ツアー的なのを打ち出しているが、秘境とか平家がくっついてきて本当に怪しい感じになっている
posted at 00:43:42



2011年08月07日(日)
『「特撮」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。
 油すましが本により頭がいいというのは妖怪大戦争で参謀役だった為。水木デザインなのは監督が創作としらなかったから



2011年08月03日(水) 5 tweets ソース取得
『「植物」についての妖怪の蘊蓄を4ツイートで呟いてください』です。

植物、地に根を張り、日に向かい伸びる存在であるせいか、垂直に天と地を結ぶものです。草でも同じような象徴となることもあります。ジャックと豆の木の話をご存じでしょうか。天上の巨人の国にいって、金を生む鶏を手に入れる話です。日本でも、天に至る話があります。

 ある若者が茄子の苗を買うようにいわれ市にいきます。そこで彼が買ってきたのは普通の苗ならたくさん買えるくらい高価な苗でした。家のものは文句を言いました。若者はきっと高いのだからと茄子を植えると、忽ち大きくなっていき、雲を突き抜けていきました。

若者は茄子を上っていきます。雲の上には大きな屋敷があって、お爺さんが住んでいました。お爺さんは若者に茄子をごちそうになっている礼をいい、二人の娘たちも歓待してくれます。楽しく過ごしていると、「仕事だ」とお爺さんは角を生やした姿になります

娘たちも鬼となり、三人は雷を降らせ始めます。そう三人は雷神だったのです。若者も楽しそうだったので混ぜて貰いますが、足を滑らせ真っ逆さま。たまたま桑に引っかかり事なきを得ました。それ以来雷さまは桑に恩を感じて雷を落とさないそうです。
posted at 11:16:47



2011年08月02日(火)
『「食」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。  河童の食べ物はキュウリというがキュウリが苦手な河童もいます。確か福岡だったような



2011年08月01日(月) 3 tweets ソース取得:
『「女」についての妖怪の蘊蓄を気の済むまで呟いてください』です。
 綺麗でかわいいですね。理解ができない所もありますが、そこを理解しようとするのが大切です。妖怪の話ですよ。

 最近ちゃんとまとめたいと思っているのは天かける女の話。妖怪としては姑獲鳥になりますが、羽衣というのを考えると、天女や天降女。白鳥の湖(まあ、これは創作ですが)などと考えてみると、ちょっとおもしろいかなと。


posted by 九十九屋さんた at 22:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

妖怪変化の時空にいってきた


第3展示室(近世)特集展示 「もの」からみる近世
『妖怪変化の時空』
http://www.rekihaku.ac.jp/others/press/p110802_y.html

 にいってきました。先週のことですが。

 
 非常に魅力的な展示なのですが、説明しにくいんで写真を中心に。こんでいたのであまりちゃんととれませんでした。
 すいません。

 
まずは予言するものたち

1131372_1257628480_223large.jpg
どう見てもエビフライと思い浮かべました。

1131372_1257627802_91large.jpg
豊作と飢餓を教えます。最終的には飢餓を教えるので呪いのようですが、それを理解すればおそらくは飢餓を防げるのです。

1131372_1257628037_20large.jpg
今回一番驚いたもの。猿の光り物


実際に出たというもの
1131372_1257628247_58large.jpg
人が滑ったような感じらしいので、あまりおもしろい事は言わないらしいです。


江戸時代の芝居などのもの
1131372_1257628732_119large.jpg
みんな大好き九尾の狐。誰か九尾の狐弁当ください



1131372_1257628994_149large.jpg
これくらい愛されるのなら幸せかもと思わなくも。しっかり鱗紋ですよ


そして百鬼夜行より、これが噂の最強存在です
1131372_1257629252_111large.jpg
posted by 九十九屋さんた at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

妖怪蘊蓄7月まとめ

2011年07月30日(土) 1 tweets
『「山」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。  手長足長は荒海障子のイメージが強いけど、会津磐梯山にも出ました。
posted at 05:16:35


2011年07月29日(金) 4 tweets
『「動物」についての妖怪の蘊蓄を3ツイートで呟いてください タグもよろしく』です。
posted at 00:55:29
猫というのは年経ると人に化けるという。母親が食い殺されて入れ替わるという話は聞きなれたものだろう。中国で仙狸という人に化けて精気を吸う妖怪がいる。狸という漢字はタヌキではなく、山猫を指す言葉だ。山猫が年を経たものというから、これも猫の化け物といえるだろう。では日本のタヌキはどのような漢字になるかというと貉。そうムジナである。ムジナもまた人を化かす。猫・狸・貉というのは、漢字だけでなく、イメージも混濁としている気がする。 ところで妖怪的な狸を想像すると、自分はかちかち山を思い出す。あの話よく考えると、カニバリズムやら盟神探湯など混ざり込んでいて、非常におもしろいと思うのだ。


2011年07月28日(木) 1 tweets
『「女」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。 食わず女房のオチは、山姥であったり、二口女だったりするが、南方だと貝が化けていたりする。それもまた地域性
posted at 01:49:39


2011年07月22日(金) 1 tweets
『「縁起」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。  実写版『悪魔くん』は縁起が悪いという理由で、漫画のような連続したストーリー展開にならずに一話完結方式になった
posted at 09:48:51


2011年07月21日(木) 1 tweets
『「山」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。猫は年をとると猫山に行く。帰ってくることもあるが、山の姫神さまの使いになったり、屋敷を構えて迷って訪れた人を猫にする時も。
posted at 03:41:59

2011年07月20日(水) 1 tweets
『「服」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。 服の模様にもいろいろあって魔除けになるような籠目や饕餮。権威を表す竜や鳳凰。魔性を示す鱗紋とか。
posted at 00:42:07

2011年07月19日(火) 1 tweets
『「エロ」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。 無陰毛の男子を青龍、女子を白虎と呼ぶ。「お前青竜じゃねえか」「彼女に浮気がばれて。お返しに白虎にしてやった」
posted at 00:50:09


2011年07月18日(月) 1 tweets
『「特撮」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。関羽様は神様。関帝廟ありますね。そんな彼が出る映画。敵は妖怪かと思うかもしれませんが宇宙人。題は『戦神』 
posted at 19:47:43


2011年07月17日(日) 3 tweets
『「歴史」についての妖怪の蘊蓄を次ツイートで呟いてください』です。
古事記に鵺は出てくる。妖怪でなく夜啼く鳥という事で。八千矛神(大国主神)が、女神を口説く所。万葉集にも出ます。よしゑやし 直ならずとも ぬえ鳥の うら泣き居りと 告げむ子もがも 柿本人麻呂。実は片思いとか切ない歌にでてきます 。と、考えると夜啼鶯が如し
posted at 06:36:10
 ちなみに適当に訳すと  あなたに会いたいけど、それは直に言わないよ。でも誰か伝えてくれないかな   鵺=喚子鳥でもありまして、かの鳥が啼くときに招魂の法を行うなんてことが徒然草にもあります。この時は死者を呼ぶけど、好きな人の魂を呼ぶというのもいいかもですね
posted at 06:46:24


2011年07月16日(土)
『「男」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。 爺が山で童を拾う。童の臍から金粒がでる。婆が欲をかき童の腹を突くと死んでしまう。童は爺の夢枕に立ち、自分の面を作り竈に飾れば豊かになると。それがひょっとこの由来。漢字で書くと火吹男。製鉄とかに関わるのかも 
posted at 12:21:17
posted by 九十九屋さんた at 23:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妖精ミュージアムにいって見つけた狐のお姫様

 先週、所用がありまして、宇都宮にいきました。

 その時、途中でうつのみや妖精ミュージアムhttp://www2.ucatv.ne.jp/~ufairy-m/というのを見つけ立ち寄ってみました。

 中を見たところ、非常に良心的な展示に加えて、無料という、世の中にはこのような場所があるのだと関心しました。
 
 その常設展示の中に、東洋風なものが。
 近づいて確認してみると。「狐の姫 玉藻の前」http://www.yokai-yosei.jp/upload/save_image/tamamo.gif

 
 西洋絵画で描かれるこれは珍しいなと思いまして、知人の氷泉さんに話したところ、それが収蔵してある本のタイトルなどを調べてきてくれました。

 それを元にいろいろググった結果、ほぼ全文が見れる事が判明しました。


http://www.scribd.com/doc/8111280/Green-Willow-and-Other-Japanese-Fairy-Tales-1910

 ざっと目を通して思ったのですが、これはちょっと不思議な経験です。枕草子の英訳を読むと、ヨーロッパの女官を思い出したんですが、これもそういう感じ。
posted by 九十九屋さんた at 14:07| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする