2016年03月21日

酒呑童子 外道の子

酒呑童子

 GW中に名古屋にいってきたんです。メインの用事は、友人と会うことだったんですが、時間に余裕を持って回ることに。神社回るのが好きで、いけそうな場所だと行ってみるのですが、今回行ったのは多奈波太神社というところ。天之棚機姫命、織姫さまの系統の女神様ですね。我々が住んでいる辺りの旧国名は下総。語源は総というのは麻の事で、布が絡みます。その手で伝承が関わる処は見に行くようにしているのです。

 さて、今回は酒呑童子。
 酒呑童子というのが、金太郎と似ているというのは、まず生まれにあります。親が人間で無いと言うこと。
 酒呑童子の父は、伊吹の弥三郎といいました。弥三郎は人間の姿をとっていましたが、実は八岐大蛇の血脈でありました。
 さて、弥三郎は娘の婿となり婚礼の日を迎える事ができました。しかし、八岐大蛇の血故か、酒の失敗。正体を現してしまいます。弥三郎、そのまま斬り殺されてしまいました。
 しかし、既に娘の中には子供が息づいていました。生まれた子供は醜い化け物、いいえ、とても美しい赤子であったのです。

 蛇入り婿。娘が見ず知らずの男と愛し合ってしまいますが正体が分からず、後をつけてみると蛇であった。という話は、散見します。通い婚であった頃の時代から残る話と見てもいいのですが、古事記の中に原点と思われる話を見ることができます。
 三輪山の神が美しい娘に元にくるといわれる話です。三輪山の神様というのは、大物主といわれる名で蛇神と言われています。
 話によっては、娘の中に宿ってしまった蛇の子を流すために、五月の菖蒲湯の由来になっている所もありますね。
 


外道の子

 母の胎内で十六ヶ月を過ごしており、産まれながらにして歯と髪が生え揃い、言葉を話し、四歳の頃には十六歳程度の知能と体力を身につけたといいます。
 気性の荒さもさることながら、その異常な才覚により周囲から「鬼っ子」と疎まれていたというさて、蛇と人との間に生まれた子は、外道丸と呼ばれる少年になりましたが、その乱暴さ故に、寺に預けられ稚児となります。し
かし、寺に入っても、酒はくらい、乱暴は納まる事はありませんでした。また、その美しさ故に、多くの男性女性の心をとらえる事になります。しかし、外道丸は、誰にも靡くことはありませんでした。

 そんな彼が鬼になったのはいくつかの理由が伝わっています。 女性達から送られた恋文を燃やし、その煙が恨みと共に包み、鬼と化さした。
 祭礼の時に鬼の面を被り、外れなくなった。
 屍肉を喰い、食べているうちに、生きている人間を襲うようになった。
 預けられた寺の僧が外法に通じており、鬼と化した。
 
 このように色々話があるので、酒呑童子の伝説は各地に残っています。

 そして寺を追い出され放浪の日々が始まるのです。


 ところで深川で妖怪といいますか、怪談絡みのイベントがありまして、出ることになりました。ちなみに話すとかじゃなくて物販です。九十九屋の名前で、トートバッグなどを持って参加する予定です。
 この紙面を読んでいる方がもしいらっしゃいましたら、魔除けのマグネット白澤図を差し上げるので、お声かけいただければと。

イベント
「深川怪談夏の部 お化け縁日」7月15日(日) 13時〜 深川資料館通り商店街3丁目路上(歩行者天国)

 
posted by 九十九屋さんた at 13:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435388245

この記事へのトラックバック