2015年05月05日

大ニセモノ博覧会 そして

 大ニセモノ博覧会にいってきました。これは珍しい博覧会で、偽物が展示されています。

 しかしながら、実際みなさんが博物館にいった際に写真撮影が許されているものがあると思いますが、だいたいそれは本物ではありません。
 本物でないのに展示されているそういったものは何なのでしょうか?
 
 という事を考える展示ですが、私のような門外漢がみますと、刷りがどうとか線が生きているといわれてもはてという感じでした。自分が強く感じたのは結局、お金のために作るんだなって・・・
とはいうもののおもしろい展示でした。五月六日までですが時間があれば。

 妖怪関連の方におすすめしておきたいのは、なんといいましても
人魚のミイラなのですが、常設展示にもこれはというものがあります。

 妖怪にライトをあててまとめた展示もあるのですが、むしろ関係ないところもみていただきたい。

 そんな一つが呪詛といいますか、発掘された呪具です。

20150505221447689.jpg
20150505221534392.jpg

そして柳田國男、折口信夫といった人たちの行跡も簡潔によくまとめられています。
20150505221555791.jpg

あとこの女の子がいつもかわいいと思います
20150505221654720.jpg
 
posted by 九十九屋さんた at 12:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック