2014年09月08日

おびしゃと三本足の烏のこと

おびしゃ 狙うは陰か陽か
一月〜二月にかけて、東葛の各地でおびしゃが行われます。
おびしゃというのは柏市船戸や、船橋の子神社、他にも何箇所かで行われる行事で、流鏑馬が走って馬で射るのにたいして、平地で人間が歩いて射つものをそういいます。もともと歩射祭が変化して、おびしゃになったといわれています。場所によっては鬼射と表記するところもありますが、この辺りでは平仮名表記が多いですね。
ただ、残念な事に現代では弓を射る事は少なくなっているようです。ただ、その前後に行われる行事は昔の形を留めているところが多いですから、もし近所でやられているところがありましたら、見てみてはいかがでしょうか。
  さて射抜く的になっているものを見ると、陰と陽なのです。とはいってもインヤンじゃありませんよ。イメージ的なものです。

  陰は鬼射の言葉通り鬼です。弓で鬼といいますと節分の元になった追儺を思い出しますね。これは大晦日の夜、悪鬼を払い疫病を除く儀式。舎人の鬼に扮装した者を、内裏の四門をめぐって追い回すものです。大舎人長が方相氏の役を務めます。方相氏というのは、黄金四つ目の仮面を被り、玄衣朱裳を着し、手に矛・楯を執った姿で正直化け物っぽいです。何となくこれを見て蚩尤を思いしません。
周の儀礼書に従うとこれは蚩尤の姿に思えるのです。

これを大儺といい、紺の布衣に緋の抹額を着けて大儺に従って駆け回る童子を小儺とよぶそうです。つまりは追いかける大儺小儺ですね。殿上人は桃の弓、葦の矢で鬼をもって追ったといわれています。近世、民間では節分の行事となったといいますから、2月におびしゃが行われるのも関係あるのかもしれません。





  では陽はなんでしょうか。そうカラスです。ただのカラスをではありません。よく見ると足が三本なのです。
  三本足のカラスと聞いて思い出される方も多いと思いますが、日本サッカーの象徴ヤタガラスです。このヤタガラス、八咫烏と書き大きなカラスといったものですが、神武天皇が東征した際に、道を案内した霊鳥と言われており、信仰の対象です。
  しかし、三本足のカラスにはもう一つ由来があります。中国において三本足の烏は、太陽を象徴し、金烏と呼ばれました。ちなみに三本の足は太陽黒点の象徴と言われています。豊作を祈る行事に、豊穣をもたらす太陽の象徴を射抜くとはどういうことなのでしょうか。
  おびしゃが始まったと思われる平安時代日本は亜熱帯気候だったといいます。そんな気候の時、太陽が盛んになるとどんな影響があるでしょう。そう旱魃が増えるのです。
  平安時代は様々な宗教が混濁とした陰陽道が広がった時代でもあります。中国の神話に、太古の時代、太陽がいくつもあり、弓の名神が打ち落として一つにしたという伝承があります。おびしゃもそれに倣って、象徴である金烏を撃つことで、太陽が盛んになるのを防ぎ、豊作を願ったものの後なのではないでしょうか。
 


化けガラス
利根川の流域に化けガラスが出たという話がある。昨日実在の武将が関わる話は、そのカラスを退治たというものだ。この武将のおもしろいところは、自分一人だけで戦わなかった事。
一将功なりて万骨枯るというが、あまりほかのモノの記録というのは残らないものなのだが。

で、その助力したのは、 カッパであるという。カッパと人間が手を組んで、難敵である化けガラスにあたったのです。

さて、ここからが今日のテーマの動物。化けガラスというと、どのような化け物を想像するでありましょう。やはり八咫烏やら金烏やらの類でしょうか。

ところでそのカラスの姿は、頭は猿、胴体は虎で、尾は蛇、で大きな羽をつけている。カラスの要素より鵺じゃないかと驚いたものです。ただこの化けガラス、確かに金烏の類と見えて、起こすのは日照りなのですね。さて、武将とカッパは力を合わせます。武将はカッパから百人力を授かり、弓矢で持って化けガラスを倒すのです。すると足が三本。やはり金烏だったようです。ところで、この烏を撃ち落とすのです。

この武将さん、平家物語に出てきます。華やかな役ではなくて、割合脇役。そのような人だから、きっと地元の伝説も無理に作ったのではなくて、実際何かあった事件を元にしているのかなと思います。
そして「おびしゃ 狙うは陰か陽か」の話にも何かかわっているのかなという気がします。


そういうとき、歴史と伝説が交錯しているような不思議な感じがあります。

九十九屋さんた同人誌「youkai shoot the breeze」より
posted by 九十九屋さんた at 20:17| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック