2005年05月10日

妖怪なお菓子

 妖怪なお菓子というものがある。
 ちなみに自分がここでいっているのは食玩としての妖怪がついているものではなく、そのまま『妖怪』を食すものである。


 水木しげるさんの妖怪関連グッズに関しては、第一である妖怪 妖怪舎 http://www.10000sale.com/kitaro/ さんでは、いろいろな食べる妖怪を扱っているが、サンシャインで行われたイベントの際に食べてみた。いろいろ。
 目玉おやじの棒付きキャンディー http://www.10000sale.com/kitaro/cgi/item_view.cgi?no=95483706810748 なんか子供の時食べたら間違いなくトラウマになると思う。大人である自分が食べているうちにおやじさんが溶けて、赤いものになっていくのは正直怖かった。その際に一緒にぬりかべジャーキとかあったんだけどなくなってしまったね。
 自分的には鬼太郎かまぼこと、ひとだまのてんぷらをぜひお願いしたいところです。

ところで、一般の人々を対象とした妖怪お菓子コンテストというのがあったのをご存知だろうか?
http://www.infosakyu.ne.jp/t-bussan/sinchaku/kitarou/kitaroukasi.htm
 (OH!大水木しげる展)に協賛する形で鳥取で行われたこの企画。ずいぶんいろいろなお菓子が出ていたのだが、あまり騒がれなかったような気がする。

 それで本題。というかここを紹介したいだけだったんですが(笑)

はなむらさき不定期便
http://blog.goo.ne.jp/hanamurasaki1103/c/0a2eba2a5af0004a910182a05a1da263

 この油すましいろいろ商標権にひっかかりそうなくらいいいできですよ。
 ちなみに第二段のネタを探してさるそうなんで、みんなでお願いしましょう。
posted by 九十九屋さんた at 20:27| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

妖怪スイーツ第2弾 「塗り壁くずもち」
Excerpt: ついにやって来ました。妖怪スイーツ第2弾! 「塗り壁くずもち」 でございます。 まずは別アングルからのもう一枚。 結構厚みがあります。 一見こんにゃくに見えますが、れっきとした葛粉から作ったくず..
Weblog: はなむらさき不定期便
Tracked: 2005-05-15 04:29