2011年10月25日

妖怪薀蓄9月まとめ

『「植物」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。 天狗の麦飯で作ったお酒はおいしいらしいんで一回飲んでみたいです


『「子供」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。 山姥に育てられた金太郎はある種の妖怪のようだ。酒呑童子や、茨木童子と途中までは似ている。ちなみに足柄山は神奈川県です。


『「触覚」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です
塗壁とか、すねこすりとかは、感触から生み出された妖怪といえる。前者は前方にある見えない何かによって行けない。すねこすりは足元に何かがいる足をとられる感触からできた。と考えていくと、意外と五感全てで記録されている妖怪って少ないような。
五感全てを思い出せるのは、人魂、人魚、河童くらいか。実際会ってないですよw 文献上ね。自分が机上派で衒うのが好きなんで そう思うと、欠けた分の想像からできているのも確かに多いよな。 


『「エロ」についての妖怪の蘊蓄を1ツイートで呟いてください』です。
山の神は、田の神になって里におりる。田を耕すのは豊穣をもたらす性交。桜は田植えの象徴になる。山の中にあって男に避けられる磐長姫で、人の側で愛される木花之佐久夜。この二人は、山の神と田の神が神話に取り入れられたような気がする。


『「天候」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です
 昔、野柳亀という妖怪がおりまいた。嵐を起こしたり、船を転覆させたり、それは悪さをしたといいます。天帝は天女に妖怪退治を命じました。天女は宝剣を持ち象に乗り、外界におりてきました。天女は、亀に向って叫びました。「死ねこの亀野郎」
こうして亀の妖怪は天女にぼこられました。それ以来、天候が悪いと、野柳岬から白い煙が吹き出し、地元の人達は天気を占ったそうです。 以上、台湾の民話より一分脚色してお送りしました。ちなみにグーグルマップで野柳岬といれて見てみるとわかりやすいかと。


『「睡眠」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください タグもよろしく』です。 宝船の旗の部分に獏って書いておくと、初夢の成功率があがるそうです



『「家」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です。 迷い家の主は謎だが、礼儀だけ守っていれば、こちらの望むものをちゃんとかしてくれる。民話によって、迷い家の主は山姥である場合もある。山姥の正体は、山の中に住んでいた木地師であったといわれる事もあるから、そう考えると椀をかしてくれるのは納得できる。彼らは材料の木を求めて、20年程で移動したというから、かつていて今はいないので、伝説になりやすい。
迷い家も、辿りつけないのも、椀が二度と課されなかったのも、そもそも移動していたといえば納得がいく。記憶している側からすると旅など一生に一度か二度いけるだけだったろうから、移動するという事自体、人外なのかもしれない。



『「絵」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください タグもよろしく』です。 今日、絵のない状態で妖怪の説明する時にとある本のようになってました とある本が気になる人は怪作戦で検索



『「自由(好きな事柄)」についての妖怪の蘊蓄を2ツイートで呟いてください タグもよろしく』です。
火鼠の革衣とサラマンダーの繭。共に石綿が元ネタになっているそうな。
羊がなる木があるっていうのは、綿が広まっていなかった時に、文章だけが伝わったものらしい。実体あるものも、未知という膜に包まれて、色々となっていくのが、正体が分からない非日常である妖怪そのものなのではないかと思う。



『「天候」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください タグもよろしく』です。  一目散という言葉は一目連という妖怪に関連しているという話もある。どんな存在かというと嵐を巻き起こす竜だという。それが出た時に逃げる様子からきたとか。



『「山」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です。 山海経って本がある。逆宇宙の指南書であったり、SAN値のチェックが必要な本だけど、今の感覚では図鑑っぽい。
ただ山岳信仰の中で作られているので、今見ると中にいるのは結構妖怪っぽい。実際妖怪として日本で紹介されているものもいる。山海経には初めて、日本をさすとされる倭も出てくる。



『「川」についての妖怪の蘊蓄を今すぐ呟いてください』です。 冬の間は深い山奥で山童として暮らすが、春の彼岸の頃に川に戻ってきて河童になる
 零落した神様的だよというのはさておき、河童が春になると山の方からぷかぷか浮いてくるところを想像すると非常に和む。http://t.co/FLF4nhiS  こういう感じなのが
この伝承は更に変化したみたいで、つい帰るタイミングを逃して、人に優しくされた河童が、山童になって恩返しをしてくれるっていう話が、東北にあります。



『「縁起」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です。
今は昔の事。あるところにたくさんの蓮の花のさく美しい池がありました。その美しさに惹かれたものは多く、ある娘もそうでした。蓮の花も美しいですが、その娘の美しさは、まさにこの世のものではないようでした。ある時、それを聞きつけた武士が蓮池にやってまいりました。
 娘は武士に気づくと衣を纏い、逃れようとします。男の足に逃れるすべはないと思われた時、娘の足は宙を蹴っていました。そう衣は天を舞う羽衣であり、娘は天女だったのです。そうした事が続き、武士はこっそり娘の羽衣を隠す事にします。
 娘は羽衣を返してくれるように頼みますが、武士は返すことはありませんでした。娘は妻となり、母となり、子をなしました。その頃には武士の真心が通じたのか、天に帰る気は無くなっていた様子です。いつしかこの話は都に伝わり、武士は都に呼ばれます。帝にその事を奏しました。
 そして二人が出会った数えきれぬ蓮にあやかり、千葉という姓を賜ります。これが後に千葉氏となり、千葉県のあまりしられてない縁起なのです。ちなみにこれには幾つかバージョンがあって、武士は平将門だったり、娘はやっぱり天に帰ってしまったりします。 妖怪じゃないと思った方が天女を、天降女とか、姑獲鳥とか、夜行遊女とか、天帝少女に置き換えると吉。自分的には白鳥の湖を思い出します。



『「服」についての妖怪の蘊蓄を4ツイートで呟いてください タグもよろしく』です。幽霊や妖怪を見るための方法を御存知だろうか。所謂見鬼といわれる魔術だ。幾つか方法があるが、簡単なものを紹介しよう。


ただ線香が燃え尽きるほどの長さを超えると帰って来れなくなるので注意だ。もっともどの方法もあまりおすすめはしません。死人は生者に戻りたいと思っているので精気を抜かれますよ。くれぐれもしないように。今回は服装と服用など色々ごちゃってますがご勘弁を。  
一つ目は家の中で傘をさす。陰の気が集まって鬼が見えるとか。
二つめは深夜十二時に髪を梳かす。
三つめは墓地の土を目に塗る。
四つ目は死人の目を開く。その瞳には死者が映っている。
五つめは妊婦を飛び越えるとその刹那見える。
六つめはカラスの目玉を灰にして酒に溶かして飲む。
 七つめは股のぞきをする。九つめは夜中に黒猫を追いかける。気づくと追っているもの 八つめは葬礼のための衣服を身につけ、死人の振りをして、葬儀をする。すると冥土の使者が間違えて連れに来るので見えるという。



『「女」についての妖怪の蘊蓄を本当に言っていいかよく考えて』です。
 百々目鬼と百目鬼がよくごっちゃになります
『今昔画図続百鬼』で鳥山石燕が描いたのが百々目鬼。これは盗みを働いたものの手に、びっしりと目がついてしまうもの。俵藤太に退治される百目の鬼が百目鬼。 現代に来てヒロインになって活躍するのが百目姫捕物絵巻



『「人物」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください タグもよろしく』です。 http://t.co/4JdKWbu
 妖怪人間ベムってあるじゃないですか、彼らって同じ液体から同時に生まれたから年は一緒だけど、どうみても年齢差があるよね。
あの世界のどこの国でもない感じは、作ったのが日本のアニメ会社だけではなくて、韓国のテレビ局も関わっているからなのです。今年は実写化されるらしいし、其れもまた楽しみ。
 妖怪人間の年齢が実は同じって考えると、ベラもちょっとだけ年上ぶっているという、お前は大人ぶりたいティーンかという萌を抱くことができます。
 ちなみにベラさまはこちら 杏、メーテルのコスプレ披露 ニュース-ORICON STYLE- http://t.co/PQJ6MsR



『「食」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です。 http://t.co/4JdKWbu 月食や日食もまた神秘的な存在が関わるとされた。例えば、インドでは不死の霊薬アムリタを飲んだ阿修羅である計都羅喉の仕業


『「絵」についての妖怪の蘊蓄を3ツイートで呟いてください タグもよろしく』です。  名前のない妖怪は意外といるというのを最近になってしった。
 面倒くさいんできっと名前とかつけているものだと思っていたのだ。言われて見れば本によって同じ絵なのに違う妖怪の時もあるんだけども。氷泉さんの所でチラチラ見る赤い丸い妖怪。自分はずっと金魚の妖怪だと思っていた。百鬼夜行絵巻にも出てるんだけどすっかりスルーしていた 
 そして最近、氷泉さんのところで出した本ではたと納得したわけです。http://t.co/vS6m5fS こちらのサイトでもみられるんだけど本はいい感じの豆本なんで機会があったら手にとってほしいな。



『「動物」についての妖怪の蘊蓄を好きなだけ呟いてください』です。
「四霊」というものがいる。 応竜(翼を持った竜) 霊亀 (長生して山を背負う程大きな亀) 麒麟 鳳凰
 鱗蟲の長である応竜 介蟲の長である霊亀 毛蟲の長である麒麟 羽蟲の長である鳳凰 
 蟲いうても、昆虫っていう意味ではなく、もともと生き物全体を指す言葉だったのですよ削さん。(やや私信)というこでお、鱗があるのは蛇とか魚とか、介は甲羅を持っているもの、毛はだいたいの哺乳類とか毛のあるもの 羽は鳥っていう感じ
 んでだ 蟲→虫 という感じで、言葉の意味が元来のものと変わってしまうよね。例えば本当なら鳥類をイメージするはずが、羽虫の類になってしまう。こういう感じで意味や情報のエラーが起こることで、想像力や独創性とは違うところで、妖怪やモンスターの類が生まれていく事がある。
 例えば和尚魚という妖怪がいるんだが、『大洋にいる海坊主はすっぽんの体に人頭で髪が無く、大きなもので5,6尺ある。これを見ると不漁になる。捕らえて殺そうとすると涙を流して助けを乞うように見える。中国では和尚魚という。』
 中国で和尚魚というのはすっぽんではなくイルカの事。そう考えると『涙を流して・・・』は、イルカが泣くのは知られている話ですので頷くものがあります。つるつるしたイルカの皮膚の感じも、坊主の頭のようなイメージも一致するわけ。
 自分は、机上派で、衒っての文字遊びなんだけども、実際動物を知っている人が見るとぜんぜん違う世界らしい。幻妖商会 http://t.co/hUqJ4DBさんで製作されているものを見ると、ああって感じるものが多いです。
 まあ妖怪の中に実際にいる生き物でどれがはてはまるか考えるのも面白いよという話でした。



『「エロ」についての妖怪の蘊蓄を今すぐ呟いてください』です。
 ついにアカエイの秘密を語る日がきたようだ。アカエイは異称の一つに傾城魚という名がある。それは姿を思い浮かべてもらえればわかるんだけど、口のあたりが女性器のようでしょ。それで傾城魚がついたというわけ。
 ちなみにエイの女性的な面がイメージされて、エイ女房という話もある。漁師がエイをすくい上げると、恋い慕うような目で見てくる。それで思わずほだされてしまい行為に及ぶ。その後数年して漁をしていると「お父さん」と声をかけられる。
 海中にいくと竜宮城があって、エイが待っている。しばらくの間楽しくくらすが地上の生活が恋しくなり、戻るという男にエイは竜宮の壺といういえば願いがかなうというつぼを渡す。実は男は地上ですでに結婚していたが海底での出来事を話さなかった。
 男は戻った後壺を使って食料を得た。女房は食わず亭主のことを怪しく思い、あとをつけると壺を見つけたしかくしてしまい、今でもそれが見つかっていないという。
 まあ民話なのでオチらしいものはないですがこんな感じです。これは南方の話ですから女性イメージは不変なのかも。
posted by 九十九屋さんた at 01:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック