2011年08月12日

妖怪変化の時空にいってきた


第3展示室(近世)特集展示 「もの」からみる近世
『妖怪変化の時空』
http://www.rekihaku.ac.jp/others/press/p110802_y.html

 にいってきました。先週のことですが。

 
 非常に魅力的な展示なのですが、説明しにくいんで写真を中心に。こんでいたのであまりちゃんととれませんでした。
 すいません。

 
まずは予言するものたち

1131372_1257628480_223large.jpg
どう見てもエビフライと思い浮かべました。

1131372_1257627802_91large.jpg
豊作と飢餓を教えます。最終的には飢餓を教えるので呪いのようですが、それを理解すればおそらくは飢餓を防げるのです。

1131372_1257628037_20large.jpg
今回一番驚いたもの。猿の光り物


実際に出たというもの
1131372_1257628247_58large.jpg
人が滑ったような感じらしいので、あまりおもしろい事は言わないらしいです。


江戸時代の芝居などのもの
1131372_1257628732_119large.jpg
みんな大好き九尾の狐。誰か九尾の狐弁当ください



1131372_1257628994_149large.jpg
これくらい愛されるのなら幸せかもと思わなくも。しっかり鱗紋ですよ


そして百鬼夜行より、これが噂の最強存在です
1131372_1257629252_111large.jpg
posted by 九十九屋さんた at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック