2011年08月01日

妖精ミュージアムにいって見つけた狐のお姫様

 先週、所用がありまして、宇都宮にいきました。

 その時、途中でうつのみや妖精ミュージアムhttp://www2.ucatv.ne.jp/~ufairy-m/というのを見つけ立ち寄ってみました。

 中を見たところ、非常に良心的な展示に加えて、無料という、世の中にはこのような場所があるのだと関心しました。
 
 その常設展示の中に、東洋風なものが。
 近づいて確認してみると。「狐の姫 玉藻の前」http://www.yokai-yosei.jp/upload/save_image/tamamo.gif

 
 西洋絵画で描かれるこれは珍しいなと思いまして、知人の氷泉さんに話したところ、それが収蔵してある本のタイトルなどを調べてきてくれました。

 それを元にいろいろググった結果、ほぼ全文が見れる事が判明しました。


http://www.scribd.com/doc/8111280/Green-Willow-and-Other-Japanese-Fairy-Tales-1910

 ざっと目を通して思ったのですが、これはちょっと不思議な経験です。枕草子の英訳を読むと、ヨーロッパの女官を思い出したんですが、これもそういう感じ。
posted by 九十九屋さんた at 14:07| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック