2015年06月27日

人間がたべたい 妖怪名IME2015年6月の更新分の説明

妖怪名IME、今回は杉原丈夫 「越前若狭の伝説」から追加。

何その話という方は
妖怪用のIMEを作ってみました 
http://youkai.seesaa.net/article/2086247.html を見ていただければと

もうしっている方はこちらに
http://youkai.up.seesaa.net/image/tango.zip


百間堀
夜遅く通ると、赤子を抱いた若い女が出て、用事の間、子供を抱くのを頼むという。別に重くもないと持っているとだんだん重くなり、落としてしまうという。正体は堀に住む河童ともかわうそともいう。

一国女
福井城のおすみやぐらで出たという。一国という女の霊とも、大阪城で死んだ淀君の霊ともいう。見張りをしていた侍に公にしたら死ぬと告げた。この話が伝わるのは彼の犠牲のためである。


一国 いっこく
福井の殿様がお城にいると美しい女の絵姿が風で飛ばされてきた。その娘は探し出され、城に呼ばれた。残酷な行いをし、殿様は廃嫡された。淀君の霊が美女と化し、殿様を誑かし国を滅びしたものという。

陸耳御笠 くがみみのみかさ
祟神天皇の頃、若狭の青葉山にいたという土蜘蛛の主。田畑を荒らしたり、物を盗んだので皇弟の日子坐王に討ち取られた。

五王さま
大沼があり蛇が住んでいた。千人の子があり、餌を求め荒らし回ったので、娘を生贄に捧げた。しかし、娘を毎年捧げるのに耐えきれなく、五王さまとして祭り、団子を一軒から千十ずつ備えるようになった。

鬼輪王
甲賀三郎が兄弟と、海と山、どちらが恐い物がいるかという言い争った。山を主張する三郎が、若狭の高懸山で出会ったという魔王。穴を本拠としており、中に維摩姫を捕らえていた。
posted by 九十九屋さんた at 17:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪名IME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

てんぐちんに見る古代の幻

 みなさんはてんぐちんさんをご存知でしょうか?
 
 ご存じない方は是非検索用いただいて。
 口頭でもうしますと赤鼻の天狗面を被った女性です。

20150624193908736.jpg

 彼女を見ていると何か妙な気持ちになるのは何かと思ったのですが、今日分かったので。

 顔の天狗面は鼻が立派な天狗面で、俗信のレベルでは、鼻の大きい男はあれも大きいといった話があり、男性の性的なシンボルとも言えます。

 身体は女性ですね。彼女のTwitterを見てたいただくと、ときおり半裸の姿を観る事ができます。
https://twitter.com/tenguchin
 その姿は両性具有なので、認識が混乱します。

 数年前、アングラ舞踊を見た際にこの逆のパターン。男性が女性の所作を模したものを見ました。その際は、同じように認識の混乱を覚えました。
 男性でありながら女性、女性でありながら男性、そうした混乱の中で何かが訪れるような錯覚があり、ああこれが昔の人の感じたマレビトなのだと感じました。

 今回のてんぐちんを似たものかと思ったのですが、自分が思い出したのは、天岩戸のことでした。

 天照大神がお隠れになり、岩戸にこもられた際、引っ張り出すために、宴をしたと言う神話。
 その中心となったのが、アメノウズメ。歌舞演芸の女神ですね。
「槽伏(うけふ)せて踏み轟こし、神懸かりして胸乳かきいで裳緒(もひも)を陰(ほと=女陰)に押し垂れき。」 
 彼女は半裸で踊り、喝采を浴び、その騒ぎで気になった天照大神は戸を開けてしまい、そこから引っ張り出されるのです。

 その後、アメノウズメは天孫降臨の際にサルタヒコという神と争う事になるのですが、こちらの神様、現在では赤鼻をした天狗面を被った姿で、祭事に参加する事が多いです。
 そう考えるとてんぐちんはシンボル的にはこの神夫婦の娘といってもいいのかもしれません。


https://twitter.com/tenguchin
posted by 九十九屋さんた at 20:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする